子供のADHDの特徴は?

今話題のサプリ!子供のADHDにコドミンはコチラ♪

今 ADHDの疑いのある子供や病院でAHDHと診断された子供に話題のサプリがコドミンです。

 

病院には連れていくほどでもないかな?
また病院の医師と相性がよくなかったり、お薬を飲まし続けることに不安に思っておられるご家族の方が子供に飲ませている方が多いようです。

 

その効果は口コミで広がり、子供だけでなくご家族の方も日常生活を過ごしやすくなってきている方も多いようです。

 

子供,ADHD,特徴,多動性,衝動性,不注意,落ち着きがない「コドミン」公式サイトはコチラ・・・

 

 

ADHDの3大特徴とは?

最近よく耳にするようになってきた「発達障害」。

 

その中の一つにADHDがあります。

 

ADHDは幼い頃には見分けがつけにくく、活発な子・元気な子という印象を受けがちです。

 

しかし年齢が上がり小学校高学年頃になると、ADHDの子供はクラスやご近所など友達の輪で浮いた存在になってしまう傾向があるようです。

 

ADHDの主な特徴は3つあるとされており、

  • 不注意
  • 多動性
  • 衝動性

が挙げられます。

 

ADHDの場合、このような症状が少なくとも2つ以上現れると言われています。

 

幼稚園・保育園ではむしろそれが子供らしく、成長の証とも思えるのですが、徐々に周りとの差が出始めてくるのです。

 

 

本人は悪気なく無邪気なのですが周りの子供からすると、自己中心的・空気が読めない・うるさい・不真面目などの印象を受けてしまうようです。

 

例えば国語の授業中に突然算数の宿題をやり始めたり、音楽の授業でもないのにリコーダーを吹き始めたりといった、全く関係の無いことを始めてしまったり。

 

友達との休み時間では順番抜かし・横取り・話が噛み合わない・別の事を始めてしまうなどの事例があります。

 

親としては勉強の遅れだけでなく、人間関係での躓きも悩みどころと言えます。

 

授業についていけない、友達と上手くコミュニケーションが取れないといった悩みは、実は当事者である子供のみでなく保護者にも影響が出てしまう場合も。

 

例えば、先生や保護者本人の親(おじいちゃん・おばあちゃん)、ご近所などから「躾がなっていない」「甘やかしすぎだ」「厳しくすべき」などの声を多く受けてしまい、ADHDの親、特に母親が鬱状態になってしまうケースも少なくないようです。

 

母親からすると、精一杯子育てをしているにも関わらず学校や両親から注意を受け続けるのはやはり楽しい事ではありません。

 

では、ADHDの3大特徴である「不注意」「多動性」「衝動性」についてもう少し掘り下げて見てみましょう。

 

 

 

 

「不注意」なのはまだ小さいから?普通の子との違いは?

ADHDの特徴のひとつ、「不注意」。

 

  • 具体的には、
  • 忘れ物が多い
  • 関係ないものを持ち込む
  • 集中力が続かない

などが挙げられます。

 

例えば、毎日学校で忘れ物を指摘される、逆に関係の無いおもちゃを学校に持ち込む、授業中周りの子供にちょっかいを出すなど。

 

物忘れは老若男女問わず起こり得る事ですが、ADHDの場合は忘れ物が日常茶飯事。

 

教科書が無い、友達に借りた文房具をそのまま持ち帰った、連絡帳を学校に置き忘れたなど、勉強の進み具合でも人間関係でもトラブルの種となってしまいます。

 

「うっかり」ではなく、常習的な物忘れが特徴です。

 

他にも、部屋の片づけが極端に苦手・人の話を聞くのが苦手・周りよりもテンポが遅れ集団行動が苦手といった例もあります。

 

このような症状は脳の記憶を司る機能が十分に働いていないためであると考えられています。

 

自分の現状を客観的に判断し予測を立てることが困難であり、その結果今すべきことがうまく理解できず、周りとテンポが遅れてしまったり関係のない事を始めてしまったりということに繋がるようです。

 

「多動性」と活発な子の違いは?

多動性は小さな頃は活発で元気な子という印象ですが、徐々に、落ち着きがない・乱暴・反抗的という印象に変わってしまうようです。

 

  • 授業中座っていられず席を立ってしまう
  • 静かにしていられず周りの友達に話しかける
  • 注意をしても大人しく出来ない

といった問題が。

 

ADHDの場合、小学校高学年になっても通常の注意だけでは改善がなかなか見受けられないようです。

 

多動性は落ち着きのなさだけでなく暴力的な一面もあるとされており、ささいな事で友達に手を挙げてしまう・大声で怒鳴るといった行動も。

 

ずっとしゃべり続けるのも多動性の特徴で、「口の多動」とも言われています。

 

感情を抑え黙っていることが難しいため、授業中・コンサートホール・映画館などでもおしゃべりが止まらない、注意してもすぐにまたしゃべり出してしまうというのもよくあるケースです。

 

 

 

 

「衝動性」は事故に繋がることも?

興味があるものに寄って行く、思考よりも先に行動に移してしまう、咄嗟の出来事なので親もなかなか反応しにくいなどが「衝動性」の特徴です。

 

  • 食事中突然本を読みだす
  • 出先で突然走り出す
  • 学校での授業中突然他の事を始める
  • 出かける準備をしていたのに気づくとおもちゃで遊び始めてしまい遅刻をした

など。

 

冷静な判断と集中力が乏しいとされているため、気付くと衝動的な行動に出る傾向があるようです。

 

衝動性は事故に繋がる恐れもあり、逆に加害者になってしまう事もあり得ます。

 

突然道路を飛び出してしまい交通事故に合う、突然物を振り回し友達に怪我を負わせてしまった・・・。

 

衝動性はこのような行動だけでなく、「おしゃべり」にも影響が出るとされています。

 

ダイエットをしている友達に対し「全然痩せないね」、友達の作品に対し「下手だね」など思ったままを口にしてしまいます。

 

本人は悪いことだとなかなか自覚が難しいようで、どうして友達が離れていくのかと悩んでしまう子供も少なくはありません。

 

ADHDの子に対して注意したい事とは?

ADHDによる「不注意」「多動性」「衝動性」などの症状は悪気があるわけではありません。

 

子供本人からすると「また怒られた」「どうしてできないんだろう」「どうして友達が自分を避けるんだろう」という考えが頭を巡り、自尊心の低下に繋がる恐れがあります。

 

子育てをする保護者にとっても、自分の子育てに自信が持てなくなり心に負担が大きくかかります。

 

このような精神的負担が積み重なる事で、うつ病や引きこもりといった二次的な問題も起こり得るようです。

 

まずは現状を把握し、幼い頃のことも思い返してみることが大切です。

 

ADHDの疑いがあると思った際には早めの対策をおすすめします。

 

ADHDの治療には主にトレーニングと薬での治療、2種類があります。

 

トレーニングは、ADHDの対応を学ぶ親向けのトレーニングや本人が社会的なことを学ぶトレーニングなどがあり、社会生活を円滑に送れるよう指導が入ります。

 

薬での治療は、直接アプローチできるよう脳内の感情に関係する神経伝達物質のコントロールを助ける薬が処方されます。

 

誤解を受けやすいADHDは、まずは保護者そして周りの理解がとても重要となってきます。

 

子供の行動に対し、躾が出来ていない、厳しくすべき、育て方が悪かったなど、落ち込む状況は子供だけでなく保護者にとってもかなりの負担です。

 

原因を知り、受け入れ、対処することで本人にとっても家族にとっても、悩みが軽減されます。

 

対応が遅れるとやはり進学や就職にも影響が出てしまうようです。

 

自分の不注意によって仕事でのミスが重なってしまったり、トラブルを起こしてしまったり・・・。

 

早めの診断と治療は子供の将来のためにも行いたいものです。

 

子供,ADHD,特徴,多動性,衝動性,不注意,落ち着きがない「コドミン」公式サイトはコチラ・・・